トップ > 取り組み > 山中漆器(石川県山中温泉)

山中漆器 - 四百年の歴史を持つ木地轆轤(ろくろ)挽き物技術から産まれた美しい漆器


山中漆器のはじまりは、安土桃山時代の天正年間(1573〜1592)。諸国山林伐採の許可書を持つ木地師(きじし)が越前(福井県東北部)の山間部より石川県山中温泉に移住し、「轆轤挽き物(ろくろひきもの)」の技術が伝わったのが起源です。その後、山中へ移って温泉客を相手に木地挽きを生業とした木地師たちにより、山中漆器発展の基礎が築かれました。現在では江戸期に導入された「塗り」や「蒔絵」の技術により茶道具を中心とした塗り物の産地としても有名です。
江戸末期に木地師により考案された「加飾挽き」や「薄挽き」等、高度な木地「轆轤挽き物」技術は、山中漆器の大きな特徴であり、全国一の木地轆轤挽き物産地としての山中を支えています。新しいライフスタイルに対応した食器開発で、伝統漆器と併せて生産額日本一の漆器産地として発展しています






山中漆器の大きな特徴は縦木取りという木取り方法にあります。縦木取りの漆器は、木材の繊維に沿って加工するため狂いにくく、薄く挽いても渕が割れにくいという特徴があり、高度な轆轤技術を発揮することができます。
原木を輪切りにして乾燥しやすいようにある程度のカタチ(荒挽)に加工します。

木地の乾燥にはいくつかの方法があります。例えば燻煙乾燥、真空乾燥、スチーム乾燥、除湿乾燥、天然乾燥、ストーブによる乾燥等です。木地の特性に沿って適した乾燥方法を用います。
木地の乾燥の含水率は、乾燥室にて約7%まで下げ、その後、8〜9%まで戻して、挽く作業に移ります。木はただ乾燥と言っても簡単なものではありません。割らずに乾燥させるにはやはり長年の経験が必要になってきます。


注文を受けてから材料を準備し、挽くことが出来るまで挽物によっての差はありますが、一般的な椀などで、約2ヶ月掛かります。外側〜内側と仕上げます。木目の見える漆の器は、木地の挽きが重要となります。漆を塗ると挽きの悪い木地は真っ黒になってしまいます。
近年、鉄鋼旋盤を改良して挽くことも多くなっています。旋盤の利用については、個々差があるが、寸法が揃い、コスト・効率の面でも大きく貢献しています。また旋盤を利用することで、手挽きでは出来ない形状の物も出来ます。


生漆を木地に摺りこみ、余分な漆を拭き取り、一晩乾かす作業を4〜5日繰り返します。薄い塗膜を付けていくことによって透明感のある仕上げになります。近年、塗料の開発が進み様々な色の拭漆が出来るようになりました。




関連商品

- WISE・WISE tools Online Shop ご利用ガイド -

配送について

配送料金について
商品のお届けは、弊社提携の配送業者が行います。
【小物雑貨】小物雑貨商品のお届けには、下記の配送料を頂戴しています。
■購入金額の合計が 税抜:10,000円(税込:10,800円)以上の場合
送料無料でお届け!
■購入金額の合計が 税抜:10,000円(税込:10,800円)未満の場合
関東地方 648円 (税抜:600円) »地域別料金表

【小物家具】 »小物家具送料表





WISE・WISE tools Online Shop   

お問い合わせ受付時間:平日AM.10:00〜PM.4:00 (土日祝日はお休みです)
              お問い合わせはこちら
内容を確認の上、通常翌営業日以内にご連絡させて頂きます。
お急ぎの場合は東京ミッドタウン »WISE・WISE tools店舗までお問合せください。
  

お支払い方法

選べる3つのお支払い方法
■クレジットカード

ご注文手続きの際にお客様のクレジットカード番号を入力していただき、リアルタイムで決済処理を行います。
現在、ご利用いいただけるカードはVISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX (全て提携カード含む)です。

クレジットカード

■代金引換

商品配送時に、代金を配送員にお支払いください。お支払いは現金とクレジットカード(上記同様)からお選びいただけます。
商品代金と送料に別途下記の代金引換手数料を加えた合計金額がお支払い総額となります。

商品代金手数料
10,000円(税込)未満324円(税込)
10,000円(税込)〜30,000円(税込)432円(税込)
30,000円(税込)〜100,000円(税込)648円(税込)

■銀行振込

ご注文完了後、7日以内に下記の弊社指定口座にお振込みください。
三菱東京UFJ銀行 品川駅前支店
普通 1974892
株式会社 ワイス・ワイス

※お振込み手数料は、お客様負担となります。
※商品のお届けは、ご入金確認後の発送となります。
※7日以内にご入金のない場合、ご注文はキャンセルとなります。